夫と浮気相手のいる場所に奥さんが乗り込み修羅場と化すシ

夫と浮気相手のいる場所に奥さんが乗り込み修羅場と化すシーンは、ドラマのシナリオでもお馴染です。

ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、相手を刺したり、殺してしまうシナリオもよくありますね。

浮気しているところを捕まえて問い詰めるのもあっていいやり方でしょう。

別れる決心がついている場合は、実行する余地はあるかもしれません。

浮気調査は自分ではしない方がいい理由があります。それはカッとなってしまう可能性は否定できません。

 普段は冷静でも、実際の密会に居合わせてしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合が過去にも多いのです。

平穏に解決するためにも、確かな証拠を得るためにも、浮気調査は探偵に任せるのがおすすめです。

探偵の浮気調査の場合でも時には失敗することもありますね。探偵は浮気調査をよくやっていても、思わぬエラーをすることが全くないとは言えません。相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行に気づくこともあるでしょう。

それに、浮気調査実施中に不倫相手と接触しない場合には証拠入手が困難です。

探偵に依頼するなどし、浮気の証拠を押さえる手段も良いと思います。

相手が浮気をしているのではないかと思った場合、まず自分自身でなんとかしようと行動すると思います。しかしながら浮気の証拠を自力で集めようとしたら、相手に感づかれてしまうリスクが高くなります。

その原因はズバリ、あなたの顔が相手に知られているからです。

どみたいな行動をしているか記録することで浮気の根拠を示せることもありますね。

普通は、人間の一日一日の行動にはパターンが定まってくるものです。

にもか代わらず、浮気をしてしまっていると、行動のパターンが変わります。

揺らぎの出た曜日、時間帯を断定ができたら、行動を注意深く見ることで、浮気の裏付けがしやすくなります。

一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、調査する人の数にもよりますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。

当然のことですが、調査員の数が少なければ安く、多ければ多いほど高くなります。そして尾行の際、車やバイクを使うと、別途交通費、車両費として請求されることがありますので、確認がいります。浮気調査で先ずすべき事は、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。疑問が確信に変わりきらないケースでは次の段階に進向ことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。

もしも浮気が確かなこととなれば、次にすべきことは、浮気相手の特定です。

仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、怪しまれぬよう監視を続け、貴方の知らないところでパートナーが逢い引きしている人物を確かめるのです。

浮気調査の費用の節約には、できる限り事前に自分で調査しておきたいものです。難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。

毎日のパートナーの行動記録を調査費用の節約に繋がるのです。

毎日、仕事に出る時間、帰ってきた時間、電話が掛ってきた場合は、掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておくといいでしょう。

自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。

ただし、配偶者が不倫をする前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、慰謝料をもとめることが難しいでしょう。慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、夫婦の歳、結婚年数など様々な事を考えて裁判所が決定します。

着ている服を見て浮気の事実を突き止めることができるでしょう。浮気をしているときに、目立って現れてくるのは着る洋服のちがいです。おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、いきなり服装に関心を持ったのだったら用心しましょう。

浮気へと進展しそうな人がいたり、とっくに浮気のパートナーがいたりするかもしれません。

せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、肝心の依頼者が普段とは違う態度をとってしまい、相手に余計な警戒心を与えてしまって浮気調査が困難になり、上手く行かない事もあるでしょう。

浮気調査を探偵に依頼しても、絶対にあなたの望む結果になるとは限らないのです。

成功報酬にするのかどうかについても、契約書をつくる際に決めておくことが大事だと言えます。

相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚の必要性に関しては考えるべきでしょう。コドモがいるご夫婦の場合は特に浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。

相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますねから、仕事をしながら育てるのは心身供に大きな負担になります。

反対にそれが男性の場合でもまた同様で仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。

同一電話番号との連絡をまた、掛けているまた掛けていたりするとそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性が大いにあるでしょう。

その後、その電話番号の持ち主を突き止めるだけでいいのです。

ただパートナーの方が機転が効く人物となりますと、電話で浮気相手と連絡を取りあった後には着信や発信の履歴を必ず消すと言う事も忘れずに行っていると言う事もありますね。例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠をつかめます。

なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に当たり前のように使われるからです。

最近はメール、LINEで連絡を取ることが多くなりましたが、やはり好きな人の声を聞きたいと思うことは安易に予想できるでしょう。ですから電話をする可能性も否定できないのです。

興信所か探偵事務所か迷うちがいの差ですが、変わりはほとんど無いと言っても言い過ぎではありません。

興信所も探偵事務所も、浮気調査から身辺調査、同じような仕事内容です。

ただし、ちがいをあげるとしたら、傾向としては興信所は企業(会社ともいわれます。営利目的で活動を行っている経済単位をいいますね)や団体から多く依頼され、探偵は個人向けのようです。結婚した人の不倫を調査を探偵や調査員みたいなプロに依頼する際は、普通は、調べる人が何人で、どのくらいの期間に渡って調査を行っていくのかをあらかじめ打ち合わせをしておきます。

1時間で1万円以上もの費用がかかるので、調査が長期になれば支払う費用も高くなるのです。探偵事務所によっても、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので、インターネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。

浮気の調査を探偵に任せ、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできるでしょう。

パートナーが信用できなくなってしまうと一生伴に生活することはかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。

アト、配偶者の不倫の相手に慰謝料の請求をしておけば確実に別れ指せることもできるはずです。

尾行について時間による代金設定がされている場合、尾行時間が短い探偵の方が、費用が少なくなります。と言うことは、尾行を探偵に頼むなら、日頃のパートナーの行動パターンを観察しておく必要があります。

最も疑いのある時間帯や曜日に探偵に尾行を依頼すると、探偵にも余計な手間をかけずに済み、どちらにもメリットがあります。成功報酬制の料金体系を設定している探偵事務所は、結果として成功した調査でないと報酬が得られないという不安があるため、成功した場合に支払う料金は、高くなりがちです。そのように考えると、成功報酬だからと言うことで、浮気の調査費用が安くなるりゆうではないのです。

調査に対するこれまでの実績などもチェックして、信頼できる料金システムを提示している探偵事務所に依頼すると安心です。

浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが発覚したならば、結婚生活を維持するかどうか迷って決められないでしょう。

ひとまず冷静になって、探偵事務所に調査を依頼するよりも先に、一度考えてみてはいかがでしょうか。

夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手にもとめ、離婚してしまうのも一つの案です。探偵の浮気調査に支払う費用は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。

実費には移動にかかる費用、写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査時のご飯にかかった代金がプラスされることも少なくありません。

そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、費用を算出します。

調査にかかる時間が短いほど支払いも安くすみます。

成功報酬制度を持った探偵事務所に浮気の調査を頼めば得になるかと言えば実際にはそうでない場合もあります。

成功報酬ならば一般的な感覚としては調査が成功しなかった時、報酬支払いの義務がなくなるのでお願いした側にとって得になるような感じを持ちます。

だから、成功報酬の探偵事務所に特定して、もとめているような人がいます。どうしても探偵を雇うと料金が高いので、単純に、「じゃあ自分で尾行しよう」とする人がいるでしょう。

難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、現実とフィクションは違うもので、失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので簡単じゃありません。相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、怪しい行動は控え、浮気していてもしばらくしないかもしれないのです。

誤魔化せない証拠を掴みたいなら、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。浮気という証拠はカーナビで持つかめるでしょう。

こっそりとカーナビにある履歴を見て、相手とドライブデートで浮気したところを見つけられる場合があります。

あまり見たことのないところの履歴があった場合、注意が必要です。

それに加えて、よくもしガソリンを入れていたら、デートに車が使われているかもしれません。

実際の浮気調査では、調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、調査内容によって変わってくることはありますが、多くの場合、2人程度で調査しています。

しかし、まだ浮気なのかはっきりしていないケースでは、調査員が1人で浮気をしているかの確認を行なう場合が多いです。

浮気が現実であると判明したら、もう一度話し合いをして調査の方法や人数などを決定します。浮気現場の日時がわかっていると、調査に必要な時間は少なくてよくなるので、調査にかかるお金は少なくなります。

だからといって、浮気の日時を気づいている場合でも、ユウジンを説得して証拠の写真をげっと〜して貰おうとしたって、ほとんど駄目でしょう。

気づかれずに写真撮影を行なうには探偵に頼むのが一番いいに決まっています。

探偵の特長としては、怪しいと思われることを避けるために充分すぎる注意を払っていわば地道な調査方法を取りますが、身辺調査・企業(会社ともいわれます。

営利目的で活動を行っている経済単位をいいますね)調査などを多く依頼される興信所の方は、先に身分や目的を開示してから公然と調査を行なうことが多いです。すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴向ことが上手で、他方、情報を蒐集するような調査は興信所が得意と、おおまかには考えられます。GPS装置を用い、行きつけの場所の情報を探して、見張っていれば、必ず来るはずなので、その実態を把握することは可能です。

依頼するお金が無い場合には、地図情報システムで調査するのも、試してみたいやり方です。位置がわかる機械が仕込まれていることが知られてしまう事があります。一部の探偵がアルバイトみたいなことがありえます。

探偵をするアルバイトを検索してみると、募集がかかっていることをしるでしょう。というりゆうで、探偵事務所がバイトとして採用することも多くの例があると言うことです。浮気調査を頼むときには、個人情報を教える必要があります。

ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、見た情報を他人に流すことも否定できません。ご飯や喫茶店を利用した時に発行されるレシートには飲食時の同席者の人数が掲さいされている可能性があるので、浮気をしていたと判断する材料になります。ほかに、クレジットカードで決済した時は月ごとに点検するようにします。

出張の際の宿泊がビジネスホテルではない場合やシングルの宿泊費にしては高額だったりすると、同伴者がいたと判断される事があります。

引用元

夫と浮気相手のいる場所に奥さんが乗り込み修羅場と化すシ